身近な生活の中のおいしさあれこれを1ヶ月に1度お届けします 森下典子
HOME

 


 
2004年1月―NO.16
 2 

思い焦がれた「花びら餅」は、まさに想像したとおりの味がした
私はその時、「満足」とは、こういうことをいうのだと思った

とらやの「花びら餅」


「和宮様御留」
「和宮様御留」
(画:森下典子)

 それは杉板の上にたくさん重ねられ、恭しく運ばれてきた。白い搗き立ての餅を薄く丸く引き伸ばしたものと、菱形の紅色の餅が、同じ数だけ並べてあり、その横に、白味噌の餡と、甘く煮た牛蒡が横に置いてあったという。
(「白味噌の餡」と「甘く煮た牛蒡」……?)
 見たこともない不思議な組み合わせだった。ここを読んだだけで、なんだかイメージが膨らんだ。読んでいる自分が、フキになったような気がした。
お付きの女官が、白い餅の上に、菱形の餅を一枚重ね、牛蒡と味噌餡ものせて二つに折り、フキに「おあがり」と、手渡してくれる。
 半月形に二つに折った餅の薄い皮を透かして、中に重ねた菱形の紅色がうっすら見えるのだろうと、その様が、ありあり目の前に浮かんだ。おいしい予感がした。白味噌餡でふっくらとふくらみ、挟んだ牛蒡が、半月の両端にちょっと頭をのぞかせている。
 案の定、搗き立てだから柔らかくて、「びっくりするほどおいしかった」と書いてある。
(そうだろうなぁ〜)
「牛蒡の香りと、白味噌の舌ざわりが、歯の内で柔らかい餅と混ざり合い、この世にこんな取りあわせがあるかと思うほどの美味であった」
 という。私は思わず、ごくりと生唾を飲んだ。
 私はイメージの中で食べていた。白味噌風味のまろやかな餡の甘さ。砂糖煮にした牛蒡のザクザクした繊維の歯ごたえ。噛むうちに、ぷうんと漂う牛蒡の香ばしさ。そして、餅の歯ごたえのモチモチ感が、頭の中で混じり合った。食べたことがなくても、味と歯ごたえがリアルにわかった。
(ああん、たまらない!)
「これ、なんどす」
 本の中でフキが訊く。女官はこう答える。
「お正月なら花びら餅と言うとこやがな」
(花びら餅……!)
 なんて美しい名前だろうと私は感動した。はんなりと二つに重なる、薄く伸ばした丸い餅は、いかにも「花びら」のようだ。
次へ



Copyright 2003-2020 KAJIWARA INC. All right reserved