身近な生活の中のおいしさあれこれを1ヶ月に1度お届けします 森下典子
HOME

 


 

2010年8月―NO.93

  3

記録的な猛暑の続くこの夏、
ワンタンの、あのちゅるんとした皮の感触が、私は無性に恋しい。

東京ワンタン本舗の「ワンタンの皮」


東京ワンタン本舗の「ワンタンの皮」
東京ワンタン本舗の「ワンタンの皮」
(画:森下典子)

 私が小学生だった頃、母はちょくちょく家でワンタンを作ってくれて、私も皮を包むお手伝いをした。
 ワンタンの皮は四角い。その真ん中に、青ネギのみじん切り、生姜、醤油、塩、胡椒などで味付けした豚の挽肉をチョイと載せ、皮に水をチョイチョイと付けて折りたたむ。
 餃子の皮は丸くて、襞をきれいにつけながら包むけれど、ワンタンの皮は包み方が自由だった。わざと角と角をずらしてたたみ、あとはクシュっと丸めるようにしたり、テルテル坊主みたいな形に包んだこともあった。
 そうやって母のそばでお手伝いしている時、ワンタンの皮を包装しているビニール袋のどこかに、いつも、
「東京ワンタン本舗」
 という会社名が印刷されていたのが、記憶に残っている。
 記録的な猛暑の続くこの夏、ワンタンの、あのちゅるんとした皮の感触が、私は無性に恋しい。

東京ワンタン本舗のホームページ 戻る



Copyright 2003-2019 KAJIWARA INC. All right reserved