身近な生活の中のおいしさあれこれを1ヶ月に1度お届けします 森下典子
HOME


 
森下典子エッセイ バックナンバー
2006年12月―NO.50
スイスチョコレートと、スポンジと、
クルミのバランスがピタリと合って、贅沢な味がする
自分がキラキラと輝く世界にいるような、幸せを感じるのだ

トップスの「チョコレートケーキ」


2006年11月―NO.49
舌がとろんとなり、
それは、心までしみて、
私はとろんとなった

さいとう製菓の「かもめの玉子」


松葉屋の「月よみ山路」
2006年10月―NO.48
もちもち噛むと、栗とむし羊羹とが、
実に自然で豊かな味わいに調和する
その調和の中に、常に絶えることなく
竹皮の芳ばしさが漂い香る

松葉屋の「月よみ山路」


アサヒ飲料の「三ツ矢サイダー」
2006年9月―NO.47
ほっこりした「芋きん」を温め直すと、
人恋しくなるような香ばしさがたつ。
その香りを嗅ぐたびに、
私は、風に揺れるススキのようだった
シュウちゃんを思い出す。

満願堂の「芋きん」


2006年8月―NO.46
サイダーの水は、ガラスのように透明で、美しい。
それが華やかに泡をまとうと、
なんだか、めでたいような、嬉しいような、
景気のいい気持ちになった。

アサヒ飲料の「三ツ矢サイダー」


2006年7月―NO.45
どこのお店のカレーよりも
「ボンカレー」が好きだった。
舌に「ボンカレー」の味が染み付いた。

大塚食品の「ボンカレー」


2006年6月―NO.44
ただ黙って、枝豆の滋養の味が、
細胞に行き渡るままにするこの幸せ!
脳みその神経の端々までが、
枝豆の味を読み込むように味わっている気がする。

ずんだ茶寮の「ずんだ餅」


2006年5月―NO.43
たべものは、「もういっぱいだ」と思うより、
「もう少し食べたい」と、感じるくらいの方が、
はるかにおいしさが勝る。

空也の「空也もなか」


2006年4月―NO.42
横浜・馬車道の交差点に立ったら、
きっと食べたいものは、
おいなりさんに変わる……

泉平の「まぜ」


2006年3月―NO.41
純粋に「柿の種」だけに向き合い、
歯ざわりを頭蓋骨に響かせ、
それが次第に激しく、とりつかれたように熱狂していく……

浪速屋製菓の「柿の種」



2006年2月―NO.40
長く厳しい冬を越えて、やっと春は来る
そんな北海道の歓喜が、
このチョコレートの中に、詰まっている気がした…

六花亭の「ホワイトチョコレート」、 「ストロベリーチョコレート」



2006年1月―NO.39
「いやぁー、さすがは伊勢の赤福だ」 と、
どこかで父の声が聞こえた気がした

赤福の「赤福」


2005年12月―NO.38
ブリン、ブリンと噛むと、
白い身から、じわんじわんと、魚の旨みが出てきて、
口いっぱいに広がる

魚貞蒲鉾店の「すまき」



2005年11月―NO.37
私はいつになく、一切れで満たされた
充実感とは、こうゆうものかもしれない

開運堂の「笹巻き栗むし羊羹」と「道祖神」



2005年10月―NO.36
世の中には、舌や胃袋でなく、
心を満たしてくれるお菓子があるのだ

月世界本舗の「月世界」



2005年9月―NO.35
独特の香りが漂って、つい、「ん〜」と、深呼吸してしまう
壽屋の「黄金芋」



2005年8月―NO.34
ん〜、「すぐき」と茶漬けはよく似合う
土井志ば漬本舗の「すぐききざみ」



2005年7月―NO.33
夏になると自然に、「ナタデココ」や「タピオカ」などの、
アジアンデザートを食べたいと思うようになった

森永乳業の「ナタデココヨーグルト」、
フジッコの「ナタデココ プレーン」、
安曇野食品工房の「ココナツミルクタピオカ入り」



2005年5月―NO.32
「ん〜」 そのやさしい食感にほだされ、思わず、
自分の小鼻がふくらむのがわかった

清月堂の「おとし文」



2005年4月―NO.31
私はこれを食べるたびに、
いつもバージョンアップの進化の過程を
頭の中で反芻してしまう

立田野の「白玉クリームあんみつ」


2005年3月―NO.30
あの黒く焦げた皮や、
まわりにはみ出した「みみ」を思い出すと、たまらなくなる

柳屋の「鯛焼き」(「いとしい たべもの」)



2005年2月―NO.29
スカスカの頼りなさが愛しくて愛しくて、
思い余って、いじめてやりたいような妙な心境になる

ミスタードーナッツの「フレンチクルーラー」



2005年1月―NO.28
黒豆の皮の香ばしさ。黒豆の奥の繊細な甘み
もろもろの養分がぎゅっとつまった充実感
賢いような、強いような、深いような
「黒豆の命」そのものの味がした

むか新の「丹波黒豆羊羹」



2004年12月―NO.27
強く甘い果物の精のような香りが、
ゆらりと鼻に抜けた くらっとするようないい香りだった

不二家の「サバラン」



2004年11月―NO.26
残りご飯を、こんなに贅沢な料理に変えてしまう
ケチャップは、魔法のソースだと思った

カゴメの「トマトケチャップ」
(「いとしい たべもの」)



2004年10月―NO.25
「1番」のものを2つながら口にした
「……うわっ!」、これはもう、
罰当たりなほどの美味である

クラブハリエの「バームクーヘン」と ロッテの「爽」



2004年9月―NO.24
その自然で、気取りのない味が
なんだか体にも心にも優しく馴染む気がする

舟和の「芋ようかん」
(「いとしい たべもの」)



2004年8月―NO.23
人間は完璧なものに耐えられず
ちょっと壊れたもの、乱れてものに、
心惹かれる生き物かもしれない

後文の「かんざし」



2004年7月―NO.22
なんだか、昔いた場所に 戻ったような気がする
私の体内の血液が
「海」を思い出しているのかもしれない…

桃屋の「江戸むらさき ごはんですよ!」
(「いとしい たべもの」)


2004年6月―NO.21
声にならない声が出て、顔が笑っていた
うまいものを食べると、人は自然に顔が笑う

新宿中村屋の「ビーフカリーパン」



2004年5月―NO.20
牛乳の自然でほのかな甘みと、
南蛮菓子の素朴な卵の風味と甘さを、共に味わいたい

松翁軒の「カステラ」
(「いとしい たべもの」)



2004年4月―NO.19
同じ鋳型にはめて焼いているのに、
「おやき」は少しずつ個性が違う
なんだか、人間に似ている

十勝おはぎの「十勝大名おやき」



2004年3月―NO.18
幸せって、こんなところにあったのか!
幸せって、メロンパンの表面に 薄く塗られていたのだ

山崎製パンの「メロンパン」



2004年2月―NO.17
「どん兵衛」自身の味が好きだ
「どん兵衛きつねうどん」は、
「どん兵衛きつねうどん」なのだ

日清食品の「どん兵衛きつねうどん」(「いとしい たべもの」)



2004年1月―NO.16
思い焦がれた「花びら餅」は、
まさに想像したとおりの味がした
私はその時、「満足」とは、こういうことをいうのだと思った

とらやの「花びら餅」



2003年12月―NO.15
卵の黄身の濃厚な風味と甘さ……
歓喜しながら、瞬く間になくなってしまっていく
小さな金色の藁束を、惜しむように食べた
石村萬盛堂の「鶏卵素麺」



2003年11月―NO.14
ふわふわの「ブタまん」を頬張ると、
自分がものすごく無防備で
幸せそうな顔になるのがわかる
江戸清の「ブタまん」



2003年10月―NO.13
お椀一杯なのに、
なんだか湯舟に肩までひたり、
のびのびと手足を伸ばしたような気分になった
永谷園の「あさげ」「ゆうげ」



2003年9月―NO.12
上質の素材を使って
丹念に作られた羊羹の味は
すぐにそれとわかるのである
八木菓子舗の「元祖 三石羊羹」



20038月―NO.11
ソースさえうまければ、何もかもおいしい
ソースとは、そうゆう魔法の液体なのだ
ブルドックソースの「ブルドックとんかつソース」

(「いとしい たべもの」)



2003年7月―NO.10
真夏にダレがちな食欲にガツン!と喝を入れてくれるのは
やはり、あの鼻腔をくすぐる黄金色の香辛料の香り
ハウス食品の「バーモントカレー」(「いとしい たべもの」)



2003年6月―NO.9
驚きだった。こんな水羊羹、初めてだった
やられた!というか、もう、たまらないのである
たねやの「本生水羊羹」(「いとしい たべもの」)



2003年5月―NO.8
にぎやかな旨さは、
何となくどこかへ出かけたい気持ちを呼び起こす
ふっと、レンゲ畑がみたくなった
セブンイレブンの「ご予約弁当」



2003年4月―NO.7
上品な餡の甘さと、塩気のきいた桜葉の香りが混ざり合う
そのバランスは、他のどんな味にも似ていない
長命寺桜餅山本やの「桜餅」


2003年3月―NO.6
「シウマイ弁当」を食べる時、
自分の幸福の配分について、考えているのかもしれない
崎陽軒の「シウマイ弁当」
(「いとしい たべもの」)



2003年2月―NO.5
なんだか、自分が受け入れられ、
肯定されているような感覚を覚える
もはや、私の人生の一部になってしまっている

サンヨー食品の「サッポロ一番みそラーメン」
(「いとしい たべもの」)



2002年12月―NO.4
どっちも最高
卵焼きは、わざわざ買いに行くべきものである
松露の「玉子焼き」となだ万厨房の「だし巻玉子」



200211月―NO.3
たった一つの小さな柚子まんじゅうの中から、
繰り返し放たれる甘さと香り
長門の「柚子まんじゅう」



2002年10月―NO.2
まるで秋の森の小道を散策しているみたいな
深い気持ちになる
アール・エフ・ワンの「森のきのこサラダ」



2002年9月―NO.1
ぽくぽくとした歯ごたえと、
それにからまるモチモチ感
今年もちゃんと、秋が来た…
鶴屋吉信の「栗まろ」






Copyright 2003-2021 KAJIWARA INC. All right reserved